キャシング 審査

キャッシングの審査の注意点!失敗しないでお金を借りる方法

キャッシングの審査時点で注意すべき事

審査時に知っておきべき知識

 

消費者金融のサービスをを利用する前に、借入審査をパスしなければ融資を受ける事はできません。
キャシング審査では嘘などの虚偽を申告しても必ず発覚します。もともとそのまま正直に申告していれば、
審査がパスする人でも、虚偽の申告をする人は借り入れる事はできません。

 

そこでキャッシング審査時に気をつけるべき点をピックアップします。

 

ちなみに審査時に必要なあなたの個人情報を信用情報と呼びます。

 

 

申し出した信用情報に虚偽がないか?

 

まず金融機関へキャシングの申し込みをする際には本人確認の書類の提示個人情報記入書類
そしてインターネットからの審査の場合にはインターネットのフォームへの記入が必要となります。

 

ここで記入した情報に嘘偽り、間違いがないかどうか信用情報センターで確認をします。
この信用情報から融資可能かどうかを査定します。申告に不備や虚偽が見つかった場合融資を断られます。

必要書類には不備なく正直に記入する事が一番大事です。

 

住所、勤務先、連絡先の記入が正しいか?

 

審査の時に特に注意して申告が正しいかの審議の確認で見られるのが住所と仕事先です。
住所は本人確認(健康保険証、パスポート、運転免許証など)に記載されたものと
自分が記入した住所が一致しているかをチェックされます。
勤務先は本当に在籍しているかの確認電話がかかってきますが、
キャシング会社の名前で掛かってくるわけでなく、担当者の個人の名前で電話確認がありますので、
キャシングの手続きを仕事先の誰かに分かる事はありません。

 

ここ半年以内の借り入れ返済状況

 

直近半年間のキャシング借入状況と他社でのキャシング借入があった場合は
その返済の遅延があったのか無かったのかのチェックが入ります。
この借入状況の確認でお金を返す意思があるのか無いのかを審査で査定されます。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ