キャッシング 利率

キャッシング利率比較!無利息・低金利で融資が可能な会社

グレーゾン金利とは?

利息の上限〜グレーゾーン金利〜

 

借り入れには利息制限法(民法・特別法 利息制限法)で融資金額によって
上限金利が設定されています。金利上限は以下の通り

 

100万円以上は年15%、
10万円以上100万円未満は年18%、
10万円未満は年20%

 

出資法(出資法について)

 

出資法により上限金利は2000年6月の時点で年29.2%以下と定められていました。
そしてその上限金利は、どんどん下がってきており、現在の29.2%となりました。

 

ちなみに1983年までは上限年利109.5%、1986年までは73%、1991年までは54.75%、
1999年までは40.004%でした。(上限金利は昔はすごく高かったんですね。)

 

利息制限法の上限金利は(年15〜20%)ですが、
その一方で出資法の上限金利は(年29.2%)で、
その上限の間にある金利のことをグレーゾーン金利といいます。

 

上限金利が引き下げになった?

 

出資法の上限と利息制限法の上限金利が二つもあり、その二つの上限にバラツキがあり
それがグレーゾン金利と言われてきましたが、法律の改正によってこのグレーゾン金利での貸付が禁止され
いま消費者金融での上限金利は20%までとなりました。

 

20%以上のキャッシングは違法業者ですので、そういった業者から借り入れは禁止されています。


ホーム RSS購読 サイトマップ