キャッシング 作り方

キャッシング審査時のカードの作り方と申請方法

審査時に必要な項目など

キャッシング審査時の必要な項目や事項は

 

キャッシングを利用する時には必ず利用する消費者金融会社の審査が必要です。
いわゆる信用審査と言われるものです。
どれくらいの返済能力がどれくらいあるか、または返済する意思があるのかどうかを査定されます。

 

借入審査では様々な信用状況を申告する必要があります。結果次第で借り入れを断られる場合があります。

 

審査申告時に何を聞かれるのか?

 

自分の年齢

キャッシング利用には年齢制限があります。
一般的に20歳から上は60歳までです。(会社にとって若干の誤差あり)
年齢制限はその人に返済能力があるのかないのかを審査する際に利用されています。

 

現在の収入

返済できるかどうかが審査の主たる目的ですので、現在の収入は重要視されます。
しかし、この収入の金額は自己申告制で(借入額が50万円を超えないケース)
収入証明書の提出等の義務はありません。

 

勤続年数

収入の大きい少ないよりも、借り入れする人の収入が安定しているかどうか>が
借入審査時に重要視されます。ですので、
仮にキャシング利用をする人が非正規雇用のアルバイトや派遣会社の社員であっても、
勤続年数が長い人は正規雇用の人よりも審査結果が良い人もいます。


ホーム RSS購読 サイトマップ